第1回経営計画発表会を行います

もう少しで稲刈りも終わりそうです。

通勤途中の山々も緑の中に黄色が見えてきました。

ということは、もうすぐ冬です。雪です。毎年のことですがイヤな季節です。

会計事務所は冬から春に掛けてが繁忙期なので、経営者としては喜ぶべき時期なのかもしれませんが・・・。

 

経営計画書を1年前から作成していましたが、古田土会計のコピペが多く、どうも自分の言葉ではないような気がしていました。

この1か月くらいで、30数ページに圧縮し、何度も見直して、本日、ほぼ完成しました。

両面印刷の製本にして、20Pくらいのものになるでしょう。

毎年改定してゆくものですので、これくらいが丁度良いのではないでしょうか。

大部分を省いて、今回は一番大事な「社員の未来像」と頭の中にあった「戦略」について集中的に作りました。「戦術」は社員が考えるべき項目なので省きました。

だいぶ自分の考えを入れられたと自負しています。

経営計画書は発表した途端に、経営者と社員を変える「魔法の書」と言われています。

私もこの1年間、自分の経営計画書を作成してきた結果、考えがまとまり、考えがぶれずに社員に方向性を説明できるようになりました。

まさに「魔法の書」です。発表した後はどんなになるのでしょうか。楽しみです。

 

発表会は12月4日(金)で原則3拠点の全員参加としました。

本来発表会は、得意先や金融機関などの普段お世話になっている方も招待するものなのですが、今回は社員のみとしました。

経営統合後、初めての顔合わせなので、そのあと温泉に入って宴会をして交流を図りたいと考えたからです。

 

この経営計画書を100冊ほど作成し、社員に配った後は、ザイムアップのお客様などに配布しようかと考えています。